給料ダウンと妻の病気、子どもの進学が重なる。

 

お金のやりくりを相談する夫婦

我が家の場合はまず、私が年収約360-380万程度の正社員年収、妻が概ね年収100万程度のパート収入で高校生の子供1人の三人家庭でなんとかやっていました。

ですが、まず私の方で会社が業績不審の結果、各種手当が見直され、実質年収300万程度に激減し、更に悪い事に妻も体調不良でパートが出来なくなってしまったのが重なり、それに加えて子供も大学進学希望と、経済的に一時はかなりピンチとなりました。ただ、私の年収も妻のパートの件も今日明日の段階での発覚ではなく、幸いにも実際に収入が激減するまでの間に時間的にも経済的にも多少の余裕があった為対処出来ました。

具体的な対処ですが、まずは子供も含めての家族会議です。妻と子供に我が家の経済的な状況を全て説明した上での今後の方針の確認。

最初に手を付けたのは食料費であり、購入先を安売りスーパーに変更し、献立その他を月間の上限を決めた購入で妻に依頼。次が通信費で、3人分の携帯、スマホを各々用途に合わせて格安プランに変更し、生命保険も共済へ変更。更に、年間で電気を使い続けるエアコンと冷蔵庫を最新の省電力型に全て変更して電気代も節約。

後は、私の副業ですが、当初はパート等の実働も考慮したのですが、やはり身体に負担を掛けて病気になってはそれこそ大変なので、基本的にネットでアンケートやコラム書き等を選択し、月間目標額を決めて継続的に実施。

最後に子供の進学ですが、幸いにも本人がかなり頑張ってくれたので、一度も予備校等使わずに公立大に合格してくれて、今は学業の合間のバイトで、自分なりに貢献してくれていますので、かなりのギリギリではありますが、子供が就職するまでのあと数年はなんとかなりそうな我が家の家計です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)