大学入学直前に、親の多額の借金が発覚!

負債を抱える男性

私の大学入学が決まって、入学金や前期の授業料を支払う時に父親の借金が発覚しました。自宅が抵当に入っており、借金が返せないなら自宅から退去をするように求められるほどの深刻な状況。借金の総額は1千万円で、母親も私も父がそれほどお金を借りていることを全く知りませんでした。
私の貯金は20万円程度しかなく、とても大学進学の費用には足りません。このままでは大学に入学することができなくなるので、何とかお金を工面する必要がありました。しかしどうすることもできず、一旦は大学進学を諦めました。

その後、父の叔父が1千万円の借金を肩代わりしてくれることになり、その結果なんとか自宅に住み続けられることになりましたが、それでも大学の費用の120万は用意できないままでした。

私は思い切ってこの話を母方の祖父母にしました。なぜなら私の大学入学を楽しみにしてくれており、受験勉強もずっと応援してくれていたからです。すると祖父がお金の心配はしなくてもよいと言って大学費用を工面してくれたのです。

祖父は私に「働くようになったら少しずつ返してくれたらよい」と言って、お金を渡してくれました。本当にうれしかったです。私はそのお金をすぐ大学に振り込んで何とか大学へ入学することができました。このようにして周囲の人達のおかげで人生最大のお金のピンチを乗り切ることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)