お金のピンチで人生にも転機が訪れました

小銭のイラスト現在バツイチ子持ちの私の人生最大のお金のピンチは、離婚前別居のきっかけとなった出来事です。当時6ヶ月の息子を抱えてはいたものの、基本的に働かず、ギャンブル癖の酷い元夫の収入は乏しく、私が大黒柱でした。ところが、6ヶ月で初めて熱を出した息子は気管支が弱く入院か毎日の総合病院への通院が必要となり、仕事をしていると嘘をついて出掛けて行く元夫には世話を頼めず、極端に出勤出来なくなった私は仕事をクビ同然に。

収入は途絶え、恥ずかしながら貯金も無かった為にすぐに生活に困りました。その時、元夫が週払いの仕事を始めるので心配するなと言い出したのです。いつも、仕事をしていると嘘をついてはスロット店に入り浸っていた元夫。信用は出来ませんでしたが、回復しない息子を抱えては身動きも取れず、とりあえず任せることにしました。

一回、二回、週払いのお給料が振り込まれ、その週の食費や息子のオムツになりました。三回目の振込の日、朝出勤する準備をする元夫と、朝一で金額を確認し、どうにか残せたお金で家賃を振り込むと言う話をしました。9時に銀行で記帳をすると、残高は小銭だけでした。元夫が出勤した直後、コンビニで下ろされていた為です。元夫はその日全額をスロットでするまで帰りませんでした。元々遅れていた家賃。電気代に水道代、息子のオムツ代、自分達のなけなしの食費。全ての支払うアテが無くなってしまい、その原因が自分の夫であったこの時が正に最大のピンチでした。

その後、元夫のマイナス面を隠してきた私の父に助けを求め、その日のうちに当面の生活費を振り込んで頂き、乗り切りました。親を頼るのを乗り切ったと言って良いのかは分かりません。その後、私と息子は実家へ身を寄せ、別居当初生活を立て直して迎えに行くと話していた元夫では有りますが、私名義であった家賃など全ての支払いを強制解約まで放置し、離婚することで逃げました。

社会的にはあらゆる滞納金を抱えたこの時が更なるピンチで有ったとは思いますが、この時は親元にいた為父に支払って貰い、数年掛けて父に返済することにはなりましたが切り抜けることが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)