原因不明の体調不良のせいでピンチに

欠けた茶碗にのりごはん若い頃、なかなか仕事が決まらずに半年位プー太郎生活をし、やっと仕事に就いた会社はボロボロの今にも潰れそうな食品工場でした。ここは雇用保険も社会保険もかけてくれない会社でいわゆるブラック企業。その中で原因不明の体調不良に襲われて二週間位会社を休みました。その間にも何回も病院行ったので血液検査やら薬やらで出費もかなりかさみました。

もちろんパートだったので働いた時間しか給料は貰えず、その月の給料は忙しくない時期も重なり4万弱でした。実家暮らしで当時は家に2万入れて携帯代と生命保険料を払ったら手元には数百円しか残らず、貯金もほとんどなかったので取りあえず数百円で生活をしてみましたが足りる訳もなく。すぐに0になり親に申し訳ないと思いながら一万円借りてしのぎました。後にも先にも親にお金を借りたのはこの時だけです。

何も買えずどこにも行けずバス代もないので雨の日は歩いて片道30分以上かけて会社に通ってました。もちろん昼は弁当持参(前の日の夕飯の残り物等)で飲み物も持参、もしくは会社で水を飲んでいました。あまりにも惨めでこの会社にいた時は友達とも会わずに過ごしていました。まだ実家暮らしだから食べ物には困らなかったけどお金がないって本当に辛かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)